2020年春までに、欧州のエアバス(Airbus)、米ボーイング(Boeing)、米ロッキード・マーチン(LockheedMartin)、スウェーデンのサーブ(Saab)から最初の提案を受ける

2020年春までに、欧州のエアバス(Airbus)、米ボーイング(Boeing)、米ロッキード・マーチン(LockheedMartin)、スウェーデンのサーブ(Saab)から最初の提案を受ける
仮想通貨取引所おすすめランキング

1:2019/07/24(水) 23:09:37.14ID:VZU85dU+0
【7月24日 AFP】カナダ政府は23日、老朽化したCF18ホーネット(Hornet)戦闘機の後継機種選定のため、
国際防衛企業4社に正式な提案要請書を提示した。
2020年春までに、欧州のエアバス(Airbus)、米ボーイング(Boeing)、米ロッキード・マーチン(Lockheed Martin)、
スウェーデンのサーブ(Saab)から最初の提案を受ける。契約締結は2022年初め、機体の引き渡しは2025年の予定。
カナダ政府は、関連業界との1年半の協議を経て「適格なサプライヤーに対して正式な提案要請書を提示した」と発表した。
CF18戦闘機の後継機種としていったんはロッキード・マーチンのステルス戦闘機F35が選定されたが、
2015年に発足したジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)政権がこれを撤回した。
国内メディアによると、CF18後継機の契約は総額150億〜190億カナダ・ドル(約1兆2000億〜1兆6000億円)になる見込み。
カナダ政府は「カナダ空軍にとって過去30年間で最も重大な投資だ」と表明した。
4社のうち、サーブは多用途戦闘機グリペン(Gripen)を製造する。また、エアバスは英BAEシステムズ(BAE Systems)などと共に、
戦闘機ユーロファイター・タイフーン(Eurofighter Typhoon)を製造するコンソーシアムに参加している。
ロッキード・マーチンはF35、ボーイングは戦闘攻撃機FA18スーパーホーネット(Super Hornet)をそれぞれ製造する。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3236608
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/7/-/img_7703da3ea284507026dd326f0e7b16c2164838.jpg
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/b/-/img_fb8f1cb346f6b123f8873221880c4ff6103969.jpg
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/6/-/img_86fafde93dcef97861d3ef34c04d881d79755.jpg

18:2019/07/25(木) 00:13:24.87ID:kyYahLOT0.

F15EXのカナダ版だろうね

16:2019/07/24(水) 23:51:20.01ID:TA6c2A/j0.

カナダ空軍ってスクランブル発進とかあんの?

15:2019/07/24(水) 23:50:44.79ID:gw3I7hq70.

> 日本は絶対国産すべき

つMRJ

13:2019/07/24(水) 23:45:32.90ID:X7m0+WpY0.

F-35はゴミだからな

17:2019/07/24(水) 23:59:04.55ID:pJX/pzvP0.

ホーネットはF35に変わっていくんじゃないの?

3:2019/07/24(水) 23:15:22.29ID:AQrIhviw0.

ボンバルディアでいいだろ

話題の通貨・ニュースカテゴリの最新記事